愛知県春日井市のカイロプラクティックは,カイロプラクティック公和へ

アレルギー,アトピーでお悩みの方はお気軽にご相談下さい

脳の激しい興奮が痛みを生む(頭痛・耳鳴り)

片頭痛は、神経伝達物質のセロトニンの調節に不具合が生じると起こる。

「うつ病」や「パニック障害」もセロトニンの調節の不具合から生じます。

過度のストレスで血中からセロトニンという神経伝達物質が血中へ放出される。

セロトニンは、脳の血管を安定させる作用がある。

セロトニンに反応して脳血管は、縮んで血流が悪くなる。

セロトニンがなくなり縮んでいた脳血管が逆に異常に広がる。

血管周囲の「三又神経」が刺激を受ける。

この刺激が後頭葉という視覚を司る部分を刺激してその光に過敏になる。

さらにその刺激は側頭葉という聴覚を司る部分も刺激し音に敏感になる。

さらに前頭葉の嗅覚中枢も刺激されにおいに敏感になる。

この刺激は吐き気コントロールする嘔吐中枢も刺激され吐き気や嘔吐の

症状が起こる。

セロトニンの合成には、太陽の光が必要とされている。

太陽の光を浴びることも必要。

一日を通して血糖値を出来るだけ一定に保つことが脳血管の異常な拡張を防ぎ

片頭痛の頻度を減らすことにつながる。

欧米では、片頭痛の人には一日6食の生活うを進めています。

頭痛持ちの家系

・一つのことに執着

・ときに奇声をあげたり落ち着きがなく動きまわる。

これらは、脳のセンサーが敏感で外界からの刺激や体調の変化をキャッチして

脳が興奮することでおこると考えられる。

過敏性の高い脳、言い換えれば興奮性の高い脳というのは持って生れてくる。

・寝言をよく言う、やけに寝相が悪い

・夜中に突然泣きわめく

頭痛持ちになりやすい子供は、光や、においなどの外界からの刺激にも敏感。

・乗り物酔い ・立ちくらみ ・繰り返す腹痛 ・周期的に吐いてしまう

母親が片頭痛の場合かなり高い確率で片頭痛体質が受け継がれると考え

られています。

ビタミンDは、長寿ホルモン

ビタミンDが今注目されています。

近年数多くの研究調査によりビタミンDは各器官に働き、欠かせない長寿ホルモン

といえることがわかったのです。

斉藤 嘉美 著 より
(医学博士)

ビタミンD不足はいろいろな病気を招く

・高血圧  脳、心血管病

・ガン  大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン、肺ガン、膵臓ガン

メタボリック症候群

・慢性腎臓病、糖尿病

自己免疫疾患

・関節リウマチ 全身性エリトマトーデス

・炎症性腸疾患、多発性硬化症、1型糖尿病

感染症

骨粗鬆症、関節症

精神、神経疾患

うつ病、統合失調症、アルツハイマー、認知症、パーキンソン病

その他

気管支ぜんそく、肺機能障害、疼痛、慢性肝疾患、筋力低下、花粉症

ビタミンDは骨や歯を作るだけではないから勉強になつた本です。

自動ドア

自動ドアが新しくなりました。

自動ドアの調子が悪くなり半年ぐらいたちましたが最後まで正常に働いてくれました。

自動ドア君(チャン)ありがとう!!!

新自動ドアは外からは今まで通りですが内側からは、タッチ式とセンサーが組み合わさって

います。あけるときはドアにタッチします。開いている状態ではセンサーが働いていますので

途中で閉まる事はありませんので安全です。

家畜の食べたものが私たちの身体を作る。

肉を食べる事は、その動物が生きている時に食べていたものをすべて口に

取り入れることである。

そこから自分の身体が出来る。

米国では、毎年500万トンもの動物性脂肪が家畜用飼料として再生利用されている。

ダイオキシン・ポリ塩化ビフェニル(PCB)など多くの毒素や農薬は、動物の脂肪に濃縮

する性質をもっている。

家畜のえさには、成長促進物質や抗生物質など薬剤も配合されている。

成長促進、感染防止のため、牛やニワトリに日常的に与えられる。

肉を食べて抗生物質を体内に取り入れるたびに抗生物質耐性という問題がおこる。

・脂肪、内臓をたべない

・安価の加工食品(ハンバーグ、肉団子)などは、脂肪にプラスして添加物が多いので

食べない